毛の量が多すぎて処理しづらいので脱毛クリームを使いました

毛の量が多すぎて処理しづらいので脱毛クリームを使いました

20代の男ですが、脱毛クリームを使ってみました。
と言っても既にこれまでに3回ほど使用していますが、少し期間が空いていたので久しぶりの除毛クリーム使用でした。

 

僕が使う理由はずばり、妻に何度も「脱毛して」と言われてしまっているからです。結婚して数年が経つと、最初の頃のような気づかいもなくなるようで(?)、堂々と僕の濃い体毛を指摘してくるんです。

 

実際、僕自身も自分の体毛が濃くて気持ち悪いなと、いつ見ても思ってしまいます。

 

具体的に書くと気持ち悪いかもしれませんが、それこそお尻から太もも、足の指など、特に下半身を中心にして濃すぎる毛がわんさか生えているので、お風呂に入った時もいつもうんざりしていました。

 

ですが、女性と違い、男が脱毛処理をしようとしても上手くいきません。

 

カミソリはT字だとすぐに毛詰まりするわ、毛抜きなんて痛くてとても使えないわ、原始的なガムテープでバリバリ脱毛も皮膚に悪そうだ、ということで、結局脱毛クリームに落ち着きました。

 

脱毛クリームだとメーカーにもよるとは思いますが、大体クリームを付けてから少し放置して、そのまま洗い流すという流れになると思います。クリームは一度に何か所にも塗られるので、当然一気に脱毛できるということです。

 

だから僕は脱毛クリームを使うことにしました。

 

僕の使ったヴィート除毛クリームも、よくあるクリームと同じです。
ちょっと違うのは、お風呂で使えるということでしょうかね。

 

やせ型の僕はちょっと寒がりなので、お風呂でそのまま使えるというのは有難かったです。それに、毛の量が多すぎるので、お風呂のような場所で脱毛しないとどうしても毛が散乱しそうですから。

 

ヴィートでの脱毛で他に変わったところだと思ったのは、スポンジが付いているところでした。
クリームを付けて、他の商品だとそのまま洗い流すだけだと思いますが、

 

ヴィートの場合はその付属のスポンジで「抜き取る」イメージで毛を洗い流していくんです。スポンジに毛が絡まりながら脱毛できるので、毛の量が多くて水だけでは流せない人には便利だと思います。

 

僕は本当に、濃いだけでなく毛の量がハンパなく多いので、そのスポンジで抜き取るような脱毛クリームの使い方は「毛が抜けた〜!」と快感に近い気持ちになります。

 

僕自身にとっては非常に良い脱毛クリームだと思っています。

 

20代男性T.Hさん
利用した脱毛クリーム:ヴィート バスタイム除毛クリーム