初除毛。実践と結果

初除毛。実践と結果

除毛剤を体験してみました。きっかけは特にありません。

 

好奇心がそうさせたのです。本当に効果があるのか、とか、どんな感じになるのかを知りたいと思い、近所の大手ドラッグストアで購入しました。購入するとき、なぜか少し気恥ずかしかったのを覚えています。

 

売り場も紳士用品売り場で売っているので、なんのことはないのですが、不思議なもので、知ってる人にあまり見られたくない気持ちになりました。後から知ったのですが、同じ商品はネットでも買えるようなので、気になさる方はそちらで購入されるのをオススメします。

 

少々脱線しました。本題に入ります。この商品、初めによく振ります。そして、キャップを外してまるでカミソリのような形の噴射口を押し込むとクリーム状の泡が出てきます。

 

これをムラなく皮膚に塗り広げていく感じです。

 

場所によっては缶に角度をつけて塗りたくなりますが、初めは大丈夫でも、後半はだんだん出なくなるので、ご利用は計画的に。私もそうですが、毛の濃い方は、クリームが毛の上に乗ってしまうだけになる可能性があるので、しっかり肌に沿わせながら、できれば毛並みに対して逆方向に、剃るようなイメージで塗るのがコツなように思いました。

 

ちなみに私は最初、部屋で試したのですが、がっつり除毛したい方は浴室で使うべきでしょう。と言うのも、クリームを拭き取るのは大変だからです。カーペットや衣類にクリームが落ちると処理が大変ですし、何より、独特な匂いがします。

 

なんというか、髪の毛を焼いた時のような匂い?あるいは硫黄の匂いに近いです。

 

除毛したいところへ塗布し約15分後、洗い流してみると、泡に包まれた毛が力なく落ちていきます。この瞬間は面白いです!面白いのですが、先にも書いた通り、上手く地肌に塗れていないと剃り残しのようになります。短く毛が残ると意外に目立つので、塗り方は慎重に越したことはないなと思います。

 

最終的にどんな感じになるか、というと、完全脱毛をした肌…ではなく、念入りにカミソリで剃ったあとみたいになりました。そして時間が経つと元通りになりました。なら、カミソリと何が違うか、というと、カミソリでは処理しにくい・怖い場所に適してるな、と感じました。

 

ちなみに、塗布したあとの時間と、塗布の仕方は注意事項をよく読み、守りましょう。

 

後半、私は、「よく塗りこんで長く放置すればよく毛が落ちるんじゃ」と思い、素手で念入りに塗りこんだあと、かなり長い時間放置しました。その結果…

 

皮膚が若干カユい。それは大したことはない。問題は、この除毛材は「毛を溶かす」ことで除毛するのです。つまりタンパク質を溶かすということ。

 

つまり、毛と成分が似ている爪もタダじゃ済まないのです!

 

幸い、私は異変に途中で気がつきましたが、洗い流した時には爪はフニャフニャ。ややもすると剥がれ落ちてしまうような危険な状態に。手の爪は足に比べて薄いですから、とても怖かったです。注意事項って、とても大事ですね(当たり前)。爪は2週間後には元に戻りました。

 

私はおバカな真似をしたがために使いこなせたワケではないと考えています。

 

上記の内容からもわかるかと思いますが、結構強い薬剤効果があります。上手に使えれば、理想的な肌も実現できるという逆説的な証拠です。

 

賢い諸兄に於かれましては、用法用量を正しく守り、健やかで綺麗な肌を手に入れましょう。

 

30代男性O.Sさん
利用した脱毛クリーム:柳家本店 メンズボディ むだ毛除毛フォームN